プロフィール

はぜ

  • Author:はぜ
  • 大分県 大分市
     メールは
    tanu86@hotmail.com
     まで

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:はぜ日記


中国二日目

中心様と若旦那の帰国を見送った後、それは起きた

たぬちゃんからのメール

タイトルは


「訃報」


私の親戚筋(義理の祖母も含めて)で最後となる、私の母方の祖母が亡くなったらしい...


私の祖父である夫を25年以上前に亡くし、誰にも迷惑をかけず、ひとりで生きてきた祖母...

ある意味、尊敬していた祖母

その祖母が逝ってしまった


もちろん特に体調が悪いとも聞いてなかったし

前日には私の母と普通に会話をしていたらしい...

体調が悪いようなら、私も中国には行っていなかっただろう


通夜は明日(8日)

葬儀は明後日(9日)


「おまえは忙しいからのぅ~」

と笑う祖母の顔が見えるようだ


誰にも迷惑をかけずじまいで逝った祖母は

私のお参りさえも「いらないよ」とばかりに逝ってしまった


本当に急な話だ

いや、そう思っているのは、実は私だけなのかもしれない

すべては決まっていたのかもしれない


人の死に意味を持たせることは、生きている人間の業なのかもしれないが

それでも「ここ(中国)にいる間に、祖母が亡くなった」ということに

なんらかの意味を感じずにはいられなかった


「お父さんやお母さん(つまり私の父母)は、帰ってきて(葬儀に)参列してほしいみたいだけど、どうする?」


という、たぬちゃんからのメールに、一言こう答えた


「生きているものができることをするよ」


今は中国から祖母の死を想い

自分という「生」をしっかりと見つめること

それが私のできることだ


享年90歳

まさに大往生であった

合掌


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © はぜ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ