プロフィール

はぜ

  • Author:はぜ
  • 大分県 大分市
     メールは
    tanu86@hotmail.com
     まで

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記


なんとか無事大阪から戻ってきました。

今回はエスプレッソにやられました(泣)

すべてみどり先生の仕業です(うそ)(泣)

また詳細は後日...書かないかもしれません(笑)


ということで、今年はミクシィのほうで年末の連続更新をする予定です。

ここでもいいんですが、実家にネット環境が整備されていないもので

携帯からのアクセスになりそうですので...


ということで、今年はこれで最後の日記となります

皆さん、よいお年をお迎えください。

でば~


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記
20061230124251
これですよ(笑)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記
20061230104618
旅はコレかと…(笑)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記
では、これから大阪にいってきます

予定では明日戻ってくるつもりですが

どうなることやら...


ちなみに若旦那やみどり先生もいっしょです

既にこの時点で「お祭り開催」は間違いないのですが...(笑)

ということで







乗車率200パーセントとやらを体認してくるよ!(泣)



帰省ラッシュですから...

無事、31日に帰れるのかなあ~

でば!


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記
20061224223438
やさしいクリスマスイブ…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記


イブですね...






某製薬会社の頭痛薬のことではないですよ(笑)



クリスマスイブ...

そういえば某所がなくなったため

毎年恒例の連続更新は






みくしぃーでするんだよね、ね、ね!



ま、淋しい人はあの人くらいかな?

あ!そういえば!






岡山や東京にも独身30代男がいたなぁ~(笑)



苦情の書き込み、お待ちしております(笑)

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記

「スーダラ節」
青島幸男作詞・萩原哲晶作曲


チョイト一杯の つもりで飲んで
いつの間にやら ハシゴ酒
気がつきゃ ホームのベンチでゴロ寝
これじゃ身体(からだ)に いいわきゃないよ
分かっちゃいるけど やめられねえ
ア ホレ スイスイ スーララッタ
スラスラ スイスイスイ
スイスイ スーララッタ
スラスラ スイスイスイ
スイスイ スーララッタ
スラスラ スイスイスイ
スイスイ スーララッタ
スーララッタ スイスイ

ねらった大穴 見事にはずれ
頭かっときて 最終レース
気がつきゃ ボーナスァすっからかんのカラカラ
馬で金もうけ した奴ぁないよ
分かっちゃいるけど やめられねえ
ア ホレ スイスイ スーララッタ
スラスラ スイスイスイ
スイスイ スーララッタ
スラスラ スイスイスイ
スイスイ スーララッタ
スラスラ スイスイスイ
スイスイ スーララッタ
スーララッタ スイスイ

一目見た娘(こ)に たちまちホレて
よせばいいのに すぐ手を出して
ダマしたつもりが チョイとだまされた
俺がそんなに もてる訳ゃないよ
分かっちゃいるけど やめられねえ
ア ホレ スイスイ スーララッタ
スラスラ スイスイスイ
スイスイ スーララッタ
スラスラ スイスイスイ
スイスイ スーララッタ
スラスラ スイスイスイ
スイスイ スーララッタ
スーララッタ スイスイ


合掌...

同日、岸田今日子とカンニング中島も逝った...

バ亀田のバカなお寒いコントなんか見てる場合じゃねぇよ

どうする?TBS?よ

ご冥福を心からお祈りいたします


テーマ : 愚痴話 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記


亀田某って、まだバラエティー界にいたんですね(笑)

え?「ボクシング界の間違いじゃないか」ですって?

いえいえ、間違いなく「バラエティー界」ですよ


最近は「あんなのプロレスだよ」って言う人がいますが







そりゃ、プロレス界に失礼ってもんですよ!



ま、亀田試合は、いわゆる...







「中○生日記」ならぬ「中学生コント」ですね(笑)



「ドリフ大爆笑」の足元にも及ばない、お寒いコント...

そんな「こちら亀田家、公園前でロー○ンの無料チケットばらまきコント」

通称「こち亀コント」が昨日行われたらしいです(笑)

では、その模様から...


まずは「国家斉唱」


ベネズエラ代表

前回同様「コロンエリカ」たん(笑)

c29b882d.jpg


おー、かわいい(笑)

この時点でベネズエラ圧勝!


続いて、日本代表...







酔っ払い勘違いオヤジの独唱(大泣)



46ffcbad.jpg







この時点で日本完敗(泣)



あぁ、酷いもんです(泣)

今週末の「汚○処理はおまかせ!」が楽しみです(笑)


さて、そのコント内容や事前情報については、あまりにもバカらしいので


http://blog.livedoor.jp/vitaminw/archives/51246348.html



http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_12/s2006122101.html

http://www.zakzak.co.jp/top/2006_12/t2006122010.html

に譲りますが

その中で「なるほど」と思った内容を...(以下、引用します)


この試合で、亀田伝説は大切なものを失いました。

そもそも、なぜ亀田伝説がここまで肥大化したのか。

その最大の原因は、破天荒なキャラクターと、DQNな一家と、既存のボクシング観から逸脱したスタイル、そして圧倒的な戦績…劇画のような非現実感です。夢のような話だから、観衆も夢中になったのです。いわば、巨大な幻想だったのです。

その幻想を、この再戦での勝利のために、完全に捨て去ってしまったのです。

特に、ケンカボクシング「亀田スタイル」を捨て、フットワークを基本としたアウトボクシングへの転向は、幻想を消滅させる決定打でした。今までの「アホみたいな強さ」は嘘であり、あんなやり方では勝てないことを自ら認めたのです。そして、相手を一撃で粉砕するようなパワーも技量もない、一山いくらのボクサーであることを喧伝してしまったのです。これは史郎トレーナーの独自トレーニングなど何の役にも立っていないことを示し、亀田家の物語そのものを否定することにつながります。

おまけに、アウトボクシングとして見所があったわけでもありません。距離が合わずお互いに空を切るパンチ、飛び込んで単発のパンチを当てるだけの攻撃、意味の無い亀田のあられ連打、防御は相変わらず下手糞…まさに「凡戦」というべき試合。お互いにダメージも負傷も無い、12Rの公開スパーリングに等しい退屈さ。いわゆる「しょっぱい試合」というやつです。

これでは、アンチ層からの信頼回復は果たせず、ファン層が求める幻想は体現できず、浮動層からは飽きられます。亀田人気は「全面安」です。

(以上、引用終わり)


これでわかったとおり

今までの亀一家のバカ話は、結局のところ作られ、煽られたものであり

簡単に崩れ去るような、いわば茶番だったわけであります


今後の亀田一家は没落の一途を辿り

勝っても「八○長」

負けても「あんなもんだ」

というレッテルを貼りつづけられるでしょう

ま、実は自業自得なんですけどね


ということで、コントのネタばらしはここまで

次回からは「世界タイトル防衛戦」なんて言葉をいくら並べても誰も相手にしなくなるでしょうね

ナムナムっと...


さて、月末30日は大阪に行きます

何しにいくのか?ですって?

もちろんボクシングを見に行くんですよ

まちがっても「コント」は見ませんからね(笑)


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記
20061217094403
今年一番影響を受けた一冊です。

~本書帯より~

1947年、ようやくイギリスからの独立を遂げたものの
国土の分割とともに暴力が爆発し、インドは生みの苦しみに襲われていた。
ちょうどその頃インドに戻ったクリシュナムルティは
苦悩する祖国の諸問題解決に手を貸すべく公開公演を催すかたわら
個人的面談や手紙を通じて多くの人々と交流した。そうした人々の中には
圧倒的な男性優位社会の中で不自由な生活を強いられている女性たちも多く含まれていた。
本書に収録された一連の手紙は1948年6月から1960年3月にかけて
ある若いインド人女性に書かれたもので、彼の許を訪ねたとき、彼女は心身ともに傷ついていた。

これらの手紙は、稀有の慈悲心と明晰さを示している・
教えと癒しが溢れ出し、分離と距離が消え失せ、言葉が溢れ出る。
が、不必要な言葉は一つとしてない。
癒しと教えが同時に起こっている。


~ププル・ジャヤカール(「クリシュナムルティ伝」の著者)~

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜのつぶやき
死者に対する今の僕の思いです


「Winding Road」

歌手 ポルノグラフティ
作詞 岡野昭仁
作曲 岡野昭仁


長く長い旅路に 僕は君に恋した
季節めぐり時雨月 心をそっと濡らす

時が何か変えるなら どうかどうかそっとして
君と歩く今だけ 静かに止まっていて

泉のほとりに続いたWinding Road
こんな二人にはお似合いなんだろう
ひとつの傘が哀しい

まだ君が好きだから 素直に受け止められずに
この雨に流されて 「すべてが嘘だ」ともう一度微笑んで

深く深く束ねた 指をそっと離して
最後に見せたつよがり 本当は放したくない

ずっとこれからも 忘れはしないだろう
君が恋しても僕が恋しても 確かに感じた永遠を

ただ君が好きだった 気持ちに嘘は無いのに
何処かで掛け違えたボタンを はずせないままになった

もうすぐ冬がやって来る この指かじかむ前に
やっと今 はずせてよかった 冷たい風には負けそうだから

ぬくもり残ったままなら 終われそうで…
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記

さて、いよいよ中国最終日

もちろん日本に帰国するわけだが

最終日といえば、恒例の







ニッキー観光!(^▽^)



以前、市別途氏、M氏といっしょに香港観光をしたニッキー

彼女はウチの職場で一年間いっしょに仕事をした仲で

日本、広東、北京、英語を使いこなす、いわば「つわもの」であり

香港の生の情報を迅速に提供してくれ

なおかつ、懇切丁寧をモットーとする子である







某、悪○観光とは大違い(ウソ)(笑)



そんなニッキーと香港観光...

今回は私1人なので、さながらデート気分...

すまんな、たぬちゃん(笑)


とりあえず香港島のParkにてパチリ

IMG_0163-w360.jpg


うーん、あいかわらず可愛くて、日本語がうまいニッキーであった

たぶん、日本の20代の女性よりもよっぽど日本語がうまいと思う...


で、そんなニッキーから、今回はふたつほど情報をいただいた


ひとつは

「エアポートエクスプレスの香港駅からマカオフェリーポートまで歩いて行く方法」

これを伝授された


香港駅のエアポートエクスプレスは、実は地下2階に到着する(らしい)

そこからエレベーターで「P1(これが地上1階を指すかどうかは不明)」まで上がる

海を背に、山のほうに歩いて屋外に出ると、そこには広い広場が...

それを右のほうに進んでいくと、歩道橋のような通路につながっている

そこをひたすら歩いて行くだけ(ずっと歩道橋の上ですので、一般道を下に見ながら歩いていきます)...

というもの

この方法で行くと、マカオフェリーポートまで5分程度で到着します


とりあえずコツとしては


・まず地上に出る

・海をバック(つまり香港島を自分の前側)にすると、フェリーポートは右側

・右手を見ると、歩道橋らしきものがあるので、それに沿ってその下を歩いていくか、どこかの建物の二階に上がって、その歩道橋にたどり着き、そこを道なりにつたっていく


そんな感じだろうか?

あとは

「駅を出て右」「赤い建物のフェリーポートを目指す」

くらいでも、なんとか到着すると思う

以下、全景と看板等の写真です(ここに全景の説明あり)

IMG_0150-w400.jpg


IMG_0151-w1000.jpg


どうですか?







これだけでも、某悪○観×●※⇒...(しつこい?)(笑)



いいでしょ?(笑)


それからあとひとつ...

まずは写真をご覧あれ!

IMG_0182-w400.jpg


「ん?何のカードだ?」と思った方

驚くなかれ、これが







香港版、Suica(スイカ)



なのです。

つまり、このICカード一枚で

エアポートエクスプレスや地下鉄、バス、路面電車、ロープーウェイ等...

香港でのあらゆる乗り物に「タッチ アンド ゴー」で乗れるというスグレモノなのであります(タクシーは試したことないので不明)


値段は150HKドル

その中に100HKドル分のチャージ金額が入っています(50HKドルは保証金。カードを返却すると戻ってきます。まさにスイカといっしょですね)

ちなみに上記写真のカードは来訪者用として作られているものなので、海外旅行で来訪した方も問題なく使えるそうです(有効期限なし)


これだけ150HKドルで買っても、エアポートエクスプレス片道分は払えますし

空港や香港のコンビニ、エアポートエクスプレスの各駅の機械(チケット販売機のとなりにある)でチャージが行えるので(機械は100HKドルから、紙幣のみ。コンビニは50HKドル単位で、コインでも可)

残ったお金を帰国の際に空港で全てチャージしとけば

次回来た時はキップ購入不要となるわけです


あ、ちなみにマクドナルドや空港での買い物でも使えるようですよ


「入国してマックでチャリーンと買い物して、そのままエクスプレスへ」


などという荒業も可能ですし(笑)

何より香港での移動で


「このバスいくら?」

「路面電車は...」


とか考える必要がないのがありがたいです

香港観光をする方や、某先生のご自宅に行かれる方はオススメですよ~


ということで、以上が新情報であります


とりあえず香港観光を無事終えたはぜは、エアポートエクスプレス香港駅でニッキーとお別れし

一路、香港国際空港へ...

あとは機上の人となり、無事日本へと到着したのでした

ちゃんちゃん

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記

えっとですね...







すまん、なにしてすごしたか忘れた!(笑)



そういえばこの時に「別のホテルに連れて行かれる事件」が発生したような気が...(笑)


ちなみに中国から帰ってきて、行うようになったこと...

それは...







青信号でも左右をよく見て渡る(笑)



「必ずしも安全」ではないからね(笑)

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記


二日目は朝からコーヒータイム

某中心様の部屋で11名ほどが集合

その名も







アキバックス!



ここは中国...

著作権やネーミングライツなんてどこ吹く風(笑)

ス○ーバックスをぱくったことはまるわかりだが、そんなことはお構いなし

とりあえず全員でお茶(コーヒー)をすすり

中心様と若旦那をお見送り


「二度とツラみせるんじゃねーぞ!」という捨て台詞を吐きながら(ウソ)

中心様と若旦那は帰国したのであった


その後、ハワイ勢といっしょに朝食場所を探してウロウロ

結構歩いたため、グレンが不安になって聞きに来る


「Where is the restaurant?」(どこにレストランがあるの?)


すまん、グレン







俺も知らねぇんだ(笑)



ということで、一同オロオロしながら適当に食堂らしきところへ入る


とりあえず無事注文が終わり

出てきたメニューは


「まあ悪くないかな?」


という感じの料理

とりあえず食べてみると







これがまた殺人的に辛い!(泣)



下手な四川料理より辛い食い物でした(泣)

慌てて白ごはんを頼むも、あとの祭り...

「痛い痛い」といいながら、なんとか完食(でもチャーハンはうまかった)


店を出で、タクシーでジャスコに向う

が...







私の記憶違いで、全く別のところに行ってしまう(泣)



皆さん、スミマセン(泣)

気を取り直してタクシーを拾い

無事ジャスコに到着して買い物

あとはホテルに戻って昼からの練習に備えたのでありました


で、昼からは、例のガンプラのある場所で練習(笑)

練習内容はここでは書けないが(というか、仮に書いても、書き込みを見た人が間違いなく間違って解釈する為、ブログやHP、掲示板等では書かないのです。あしからず。)

習ったことのないとこまで進んで半泣き状態(泣)

しかし、いい練習でした


練習後はみんなでタイ料理を食べに行く

確かに辛いものもあったが、朝に比べリャそうでもない(笑)

とてもおいしくいただいて、そのままホテルへと戻る

そんな二日目...(だんだん記憶なくなってきたなぁ~)


(つづく)

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記


中国二日目

中心様と若旦那の帰国を見送った後、それは起きた

たぬちゃんからのメール

タイトルは


「訃報」


私の親戚筋(義理の祖母も含めて)で最後となる、私の母方の祖母が亡くなったらしい...


私の祖父である夫を25年以上前に亡くし、誰にも迷惑をかけず、ひとりで生きてきた祖母...

ある意味、尊敬していた祖母

その祖母が逝ってしまった


もちろん特に体調が悪いとも聞いてなかったし

前日には私の母と普通に会話をしていたらしい...

体調が悪いようなら、私も中国には行っていなかっただろう


通夜は明日(8日)

葬儀は明後日(9日)


「おまえは忙しいからのぅ~」

と笑う祖母の顔が見えるようだ


誰にも迷惑をかけずじまいで逝った祖母は

私のお参りさえも「いらないよ」とばかりに逝ってしまった


本当に急な話だ

いや、そう思っているのは、実は私だけなのかもしれない

すべては決まっていたのかもしれない


人の死に意味を持たせることは、生きている人間の業なのかもしれないが

それでも「ここ(中国)にいる間に、祖母が亡くなった」ということに

なんらかの意味を感じずにはいられなかった


「お父さんやお母さん(つまり私の父母)は、帰ってきて(葬儀に)参列してほしいみたいだけど、どうする?」


という、たぬちゃんからのメールに、一言こう答えた


「生きているものができることをするよ」


今は中国から祖母の死を想い

自分という「生」をしっかりと見つめること

それが私のできることだ


享年90歳

まさに大往生であった

合掌


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記



出発は6日...

でも、時間が朝10時半だったため

今回は福岡にて前泊(5日)

といっても、恒例の「車中泊」(笑)



軽くビールとワインを飲んで、福岡近辺の高速道路のパーキングにて就寝

おやすみなさーい!


・・・・・明けて翌日6日・・・・・


いよいよ大会初日(?)(笑)

朝6時に起きて、一路福岡空港へ

チケット確保、チェックイン、出国手続きを無事済ませて待合ロビーに...

すると例のお店が(笑)

出国を記念してビールで乾杯!(笑)

無事搭乗して出発!となりました



機中でもワインを2杯ほど飲み

ほろ酔い気分で台北到着!(笑)

福岡発の飛行機は台北で1時間待機するため、搭乗者はロビーに叩き出される(笑)


たぬちゃんに、ビールとワインのことをメールすると

たぬ「あんた、何しに中国にいってんの?」

というメールが(笑)

すかさず「飲み会」と返事すると







たぬ「すぐに帰ってこい!」



とのメールが(笑)

そんなメールも軽くあしらいながら台北を出発

1時間程度で香港到着!


前回はここで香川組と合流したが

今回はここからホテルまで1人旅

(ちなみに「マカオ行きのジェットフェリーの緑の案内板がなくなっていた」との情報あり。どなたか確認願います。)


「いざ!」と思ったところに







税関職員に止められる(泣)



最初は中国語だったので「へ???」と思ったのですが

ちゃんと英語で言い直してくれたのでよかったです


税関職員「あんた、どこからきたべ?」

はぜ「日本からでげす」

税関職員「タバコとか酒持ってへん?」

はぜ「ないっすよ」


そんな内容だったと思います(笑)

とくに何があったというわけではなかったのですが

いきなり中国語で話し掛けられたので

少々びっくりしました(笑)


こんな感じでスタートした今回の珍道中ですが

とりあえず両替、エアポートエクスプレスのチケット購入、乗車まで

特に問題なくスムーズに進行しました


で、九龍で下車して

フェリーポートへ...

すると...







なぜか前回の「K3」ではなく「K2」に案内される...



「あれっ?」と思って乗車したのですが

車内の表示は前回乗ったものと同じ...

どうやら「K3」の経路が「K2」に変更になった模様です

市別途さん、「珠海の歩き方」要変更でございます~(笑)


そしてそのあと気が付いたのですが

実はこのバスを最後まで乗っていると、無事、チャイナフェリーポートに付くのですが

最初の「王子飯店(プリンスホテル)」で降りて、フェリーポートまで歩くと

5分程度で到着することが判明しました


ま、「香港観光を兼ねて」という方は最後まで乗っていても全く問題ないのですが

すっごく急いでいる方については、最初の「王子飯店(プリンスホテル)」で降りて歩くことをオススメします


あと、途中のホテルで降りて、香港島までフェリーに乗って、マカオフェリーポートへ...ということも可能です

香港観光を兼ねる方にはオススメですよ~


さて、フェリーポートに着き、2階で無事チケットを購入し

出国手続きを済ませて、無事出発!

と、そこにM老師から電話が...


どうやらホテルで待ち合わせする予定が、急遽夕食会場にて待ち合わせすることに...

ま、このへんは十分想定される変更であるため、落ち着いて対応

中国入国を果たし、タクシーを捕まえて、運ちゃんに電話を渡して、老師→イエロー師匠と電話を受け継いで夕食会場「金悦軒」へ...


待っていたのはこの男...

そう!







悪徳観光(株)代表取締役「ショウロンポウ」師匠(笑)



そのいでたちは...


dancho



こんな感じ(笑)

で、「ショウロンポウ」師匠に案内されて入った会場に中心様がいたのですが


dancho



こんな感じ...







あんたら、絶対おかしいって!(笑)



それ以外にもM老師やハワイ組、北の先生と若旦那がいらっしゃる...

入るといきなり







「白酒(バイチュウ)マスター」と紹介される(泣)



あとは各所で紹介されている


「海老一染太郎ジャンケン」

「ドリアン助川の話題」


等で盛り上がる(笑)


時間が来たので、北の先生と悪さんは香港に出発


「また2月に再会しましょうね~」


ということで、お見送り(お二方、楽しかったです。また珠海でお会いしましょう!)


見送りが終ると、相変わらずわけのわからない英語でハワイ勢と会話する中心様を尻目に(笑)

若旦那と二人でホテルに戻る

程なく香川のオクサンが到着し

オクサンの部屋で小宴会

すると中心様が戻ってきて







オクサンいじりが勃発する(笑)



ちなみに毎朝「アキバックス」と称し、開店していたコーヒータイムはオクサンに受け継がれ







道後茶屋「奥さん」と名前を変えて経営されることとなった(笑)



そんなこんなで大会初日の夜はふけていったのであった...

(つづく)

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記
さてさて、昨日無事日本に帰ってまいりまして

「やれやれ、ゆっくり過ごすか」

と思っているはぜでありますが

どうやら多方面から


「珠海ホテル情報よこせ」


という脅しが(?)入ってきておりますので

珠海珍道中記を書く前に

とれとれピチピチの「珠海ホテル講座」と参りましょう


まず、ホテルの外観です


IMG_0128-w360.jpg



夜はこんな感じ


IMG_0130-w360.jpg



若干二階の部分が煌びやかなのは...

ご想像にお任せします(笑)

ここに某分館の女性の方が行ったようですが

その後のことは存じ上げません(笑)

ま、それはいいとして...


まずはホテルに入ると...

右手に派手な「しゃおじぇ~」が2名おりますが

これはスルーしましょう。

ええ、お二階の受付嬢でございます(笑)


で、ロビーに入ると受付が

で、なんと...







日本語が通じる小姐がいます



仮にその人がいなくても

英語を話せる人もいるようで

今回はチェックイン・チェックアウトが、かなり楽でした


で、チェックインを済ませると、部屋へ...


部屋の鍵はカードキーで

ノブの部分の受光部にカードをかざすと開く仕組みとなっています

入ると左手すぐにカードキーを差し込む部分があり

そこにカードを指すと電気がつきます

が、日本のカードキーのように

「他のビデオレンタルのカードをつっこんで、電気をつけっぱなしにする」ということは不可能でした(泣)

どうやら部屋のカードキーと連動しているようです。

ご注意ください。


で、次に内装です


IMG_0143-w360.jpg



トイレとサニタリーはこんな感じ


IMG_0144-w360.jpg




IMG_0145-w360.jpg



バスローブと金庫もありましたよ


IMG_0146-w360.jpg




窓からの外の様子はこんな感じ...


IMG_0147-w360.jpg




ま、この辺は珠電大廈(漢字違うと思う)とあまり変わりないでしょう(笑)


で、ここからは、このホテルのいいところと悪いところをいくつか...


まず、部屋の設備やサニタリー、清掃などは、とても充実しています。

湯沸しポットもあるし、ドライヤーもありますし

シャワーの水がつまったり、トイレが流れなかったりすることは少ないと思います。

ベッドも広いし、エアコンも常備しております。

ただ、いくつか難点が...


まず、風呂場で洗濯をするあなた!

今回のホテルは







バスタブないよ!(笑)



ま、洗面所で代用はできるのですが

「洗濯を前提に着るものを少なめに持っていく人」

に対しては、ちょっと厳しいかもしれません


あと...







(開放できる)窓やベランダがない



これも洗濯者としては、結構なデメリットです

ぼくはエアコンの「除湿」を使って

エアコンそのものにハンガーをかけて乾燥させましたが

そのおかげで喉をやられてしまいました(泣)(笑)

あと、方法としては、カーテンのフックをいくつか外して

そこにハンガーをかけて干す、という手もありますが

実はこのホテル、例の大きい隊道(トンネル)の北側ということで







まさに「半日村状態」(日があたる時間がほとんどない部屋もあり)(泣)(笑)



日に干すということは、ほぼ無理かもしれません(泣)

それもデメリットといえばデメリットですね...


あと、シャワールームがあるのですが

完全に閉まる扉ではないため

シャワーを浴びるとトイレ側に水が流出してくる、現象も起こりました

私が初日にシャワールームのすぐ外に、足拭きマットとバスタオルを置いてシャワーを浴びたところ







出たらバスタオルが水浸しでした(大泣)



足拭きマットは洗面所の外に

バスタオルはトイレの上に置いたほうがよさそうです


それから、ルームサービスですが

これは結構充実しているようです


メニューがこちらなのですが...


IMG_0148-w360.jpg




IMG_0149-w360.jpg



フロントの人によると

深夜2時までオッケーらしいです。

もし、珠海入りが遅くなって、夕飯を食べそびれた方は

ルームサービスを利用するというのも手ですね

値段も特別高くないし

これは「あり」だと思います。


で、今度は部屋の「難点」の部分です

これは僕らのあとに入ってきた人たちによって明らかにされたのですが







実は、部屋や階数によっては、「あるもの」と「ないもの」がある



ということが発覚いたしました

いろいろな意見を照合すると次のとおりです


・6階は冷蔵庫がなかった(泣)

・9階は金庫があるのに、5階はなかった

・その金庫も使用不能で、仮に使用できたとしても、軽くて持っていかれる代物だった(笑)

・10階はスイートルーム(岡山のkさんが宿泊して発覚。どうやら申し込み時のトラブルで、予定していた部屋が空いていなくて、ホテル側が急遽スイートルームを使わせた模様)

・スイートは、バスタブがあって、なおかつ、ベッドルームと客間、二部屋があった


などなどであります。

これは正直「あたりはずれ」があると思いますので(笑)

皆さんも期待して行ってみてください(笑)


さて、最後に交通アクセスと周囲の状況です。

まず、ホテル周辺ですが

ホテルを出て、すぐ左手角にみすぼらしい(失礼)商店がひとつあります。

どうやらここも深夜2時までの営業で

水や食べ物、白酒(笑)、つまみなどを売っています。

私はもちろん水と白酒を買いました(笑)


たぶん初日はどこにも買い物にいけないと思うので

このちっちゃい商店で水等を買い込んだほうがいいと思います


あと、食べ物屋ですが

ホテルの左右を800メートルほど歩けば

いろんな料理屋さんがあるようです

これもさほど苦にはならない距離なので

当初言われていたように「何もないところ」ではないようですのでご安心下さい


それからホテルへのアクセスですが

中心様や若旦那が帰国したあとに、トラブルが発覚しました

実はホテルのチェックイン時にカードキー入れとして、紙のケースを貰うのですが

それ後ろにホテルの地図が書いてあります

当初は「それを見せれば」と言っていたのですが...

まずは実物をご覧下さい

これです


IMG_0180-w360.jpg



珠海に詳しい人は、ひょっとしたらもう気がついたかもしれませんね

実はこれを提示して、あるトラブルが起こりました

で、その後ぼくはこの地図を以下のように加工しました

で、それがこちら


IMG_0181-w360.jpg



そうなんです、この地図実は...







北が下向きになって書かれている



なんですよ

そこで起きたトラブルとは...

そうです







南北を勘違いしたタクシーの運転手が、トンネル南側の、全く聞いたこともないホテルに僕らを連れて行った



という事件が発生しました(ま、事件というほどのものでもありませんが)

これ以外にも「そんなホテル、ねーよ!(今年5月に新築で建ったため)おととい来やがれバカヤロウ(意訳)(笑)」といって、乗車拒否された人もチラホラいたとか...


ということで、最初にホテルの名刺を直接渡して運ちゃんに説明することは非常に危険なことがわかりました

で、どうすればいいかというと


まずは珠海の地図の、ホテル周辺部分を指差して「ジャーリー(ここ)」と言い

そのあと名刺を出す


もしくは


市別途さん作「○海の歩き方」小冊子のホテルの地図の部分を指差して「ジャーリー(ここ)」と言い

そのあと名刺を指差す

というのが賢明だと思います

あと珠海の地図を持っている人は

「博愛女子医院」

を指差して行ってもらうというのも手です(博愛女子医院は、ホテルのとなりのとなりです)


以上が、ホテルの報告であります

まだわからないことが多い部分もありますので

随時更新していきたいと思っております


またご意見ご感想ありましたら

はぜまでご一報ください

よろしくお願いいたします

では~


(追伸 練習会場にあったガンプラの図)(笑)

IMG_0129-w360.jpg

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記
無事帰国しましたあ~(福岡空港)

これから2時間かけて大分に帰ります。

(速報)

某k分館のBearさん(女性)が、君臨酒店の2階の足裏に行ったそうです(爆笑)詳細は…本人に聞いてね(笑)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記
20061206100011
出国に乾杯(笑)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記
20061206094738
出国手続き後に魅力的なものが…(笑)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記
現在、福岡空港から更新中です。

そろそろ搭乗手続きしないと...

ちょっと風邪気味なのが不安ですが(泣)

ま、なんとかなるでしょ(笑)

ということで、10日まで某国に行ってきます。

日本からは今までどおりの携帯番号で国際電話が通じますので

番号を知っている方はくれぐれもご注意くださいませませ

では、いってきま~す


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記
20061206074756
こんなもんのお世話になるとは…(泣)(笑)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記
20061204215428
内容は別にしても、概要はちゃんと解説してくれてる本だと思います(^-^)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:はぜ日記


Q どうすれば実践できる(そのようになれる)のでしょうか?


A 君はあることを聞いて、正しいと考え、それを自分の日常生活で実行したいと思っています。

それで、考えることとすることの間に開きがあるでしょう。

あることを考えながらも、他のことをしているのです。

しかし、君は考えていることを実践したい。

それで、行為と思考の間に、この開きがあるのです。


~中略~


「それはどうすべきでしょう」と問うのは、思慮のない質問です。

なぜなら、どうするのか知らないことでも、本当に興味を持っているときには、それにとりかかり、すぐに見出しはじめるからです。

坐りこんで、「欲を免れる実践的な方法を教えてください」と言うのなら、君は欲張りでありつづけるでしょう。

しかし、鋭敏な心で、先入観を持たずに欲を探求し、自分のすべてをそこに込めるなら、欲の真理を自分で発見できるでしょう。

君を自由にしてくれるのは真理です。

君が自由になれる方法を探すからではありません。


「子供たちとの対話」   ~J・クリシュナムルティ 著~ より

| BLOG TOP |

copyright © はぜ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。